ただ今掲載の情報は、2018年度の情報です。
2019年度に向けた情報は、後日更新を行っていきますので、しばらくお待ちください。

パソコン・プリンター

市大生のためのオリジナルノートパソコン

速い!強い!長時間!
市大生のためのパソコンが登場

  • SSD
    256GB
  • メモリー
    8GB
  • CPU
    Core i7 8550U
  • OS
    Windows 10
  • モニター
    13.3型ワイド
    タッチパネル
  • 解像度
    1920×1080
    FHD
  • バッテリー
    約12時間
  • 重量
    0.95kg
  • ネットワーク
    IEEE802.11
    a/b/g/n/ac

商品申込みフォームはコチラ

Microsoft Officeについて

文書作成、表計算、プレゼンテーションのいずれにもMicrosoft Officeは必須です。大阪市立大学では、Microsoft Office製品(Word/Excel/PowerPoint等)のライセンス契約を結んでおり、学生のみなさんも在学中は無償で利用可能です。

利用条件など詳しい情報はこちら

大阪市立大学 情報基盤センター ocu.jp/msoffice

市大生協だけのトリプル保障

市大生協だけのトリプル保障

安心の4年間保障

14年間メーカー保証
通常1年間のところ安心の4年間メーカー保証。卒業までしっかりと保証します。
24年間動産保証
メーカー保証では対象とならない落下事故による破損や水こぼし修理も安心(5,000円は自己負担)
34年間ウィルス対策
信頼性の高い総合セキュリティソフト「ウィルスバスター」で更新費用がかからず安心して使えます。
44年間学内サポート
キャンパス内に店舗があるので万が一故障の場合はもちろん、困ったことがあれば店舗スタッフにご相談いただけます。

4大特典プレゼント!

サプライ3点セット


セットアップマニュアル

パソコンセットアップマニュアルを同封します。

大学生活では授業でも1回生のうちからパソコンが必要です。

文系

文系学部ではパソコンを使うだけでなく、パソコンを活用して表現していきます。

理系

理学部では、パソコンを使って、より正確な実験レポートを作成していきます。

学生インタビュー

実験によっては、とてもたくさんのデータを扱い処理しなければなりません。そんな場合は、「Excel」などの表計算ソフトを使って、パソコンの活用が必要になります。

【実験の流れ】実験(計測など)の結果記入→整理→図表化→実験後レポートの作成、提出

Excelを活用すると、表の形で簡単に整理できます。Excelなら記入した結果データから、簡単にグラフを使うことができます。また、文書作成ソフト「Word」を利用すれば図表の貼り付けもスムーズに行うことができます。

パソコン講座では、カリキュラムに実際にエクセルを使ったデータ処理も含まれています。ぜひ練習してパソコンを上手に使えるようになりましょう。

※パソコンを使用する時期は学部学科により異なります。

大学生活に役立つ機能が集約 市大生のためのプリンター

スキャン・コピー機能搭載で
課題・レポートがはかどる!

プリンター

商品申込みフォームはコチラ

ページトップへ