新入生の教科書購入の手引き

はじめに

高校までは、検定を受けた教科書を学校が用意をして新学期のスタート時に配布をしていたと思います。中学までは無償、高校では有償でしたが金額も大きくありませんでした。
ところが大学に入ると、自分で受講する講義を決めます。受講する講義ごとに先生が指定された教科書を自分で買って講義に備えなければなりません。
種類や値段もさまざまで、数百円の文庫や新書、中には数千円する分厚い専門書や洋書まであります。また、自習学習や講義をより深く理解するための参考書なども幅広くあります。

教科書はどこでいつ買うの?

大阪市立大学の講義で使用する教科書のほとんどは生協で購入することができます。
教科書特設販売期間4/6(金)〜4/27(金)の15日間、本館地区1号館講堂の教科書特設会場で販売をします。(入口は1号館の後ろにあります)
※市大生協MAPを参照ください。

市大生協MAPはこちら

教科書特設販売会場入り口
教科書特設販売会場入り口

どれを買ったらいいの?

4月2日(月)に新入生ガイダンスで履修登録の説明と各学部の説明があります。
自分で時間割を組み履修する講義を決め、「教科書リスト」(詳しくは教科書リスト発送受付+資料説明会を参照してください。)をチェックし、必要な教科書や参考書を選びます。
語学の教科書は必ず必要になりますので、4月9日(月)の新入生(英語新修外国語)教科書販売日に購入お願いします。

大学で使う教科書
大学で使う教科書

どれくらいかかるの?

前期の教科書代の目安

商学部 約30,000円
経済学部 約30,000円
法学部 約30,000円
文学部 約30,000円
理学部 約50,000円
工学部 約50,000円
生活科学部 約30,000円
医学部(看護学科) 約40,000円

 ※同じ学部でも受講する講義によって教科書費用に差があります。

教科書特設販売カレンダー

4月

2
新入生
ガイダンス
3

4

5
入学式
6
新入生全学共通
学部教科書販売日
7

8

9新入生
語学教科書販売日

10前期授業
開始日

11


12


13


14


15


16 17 18 19 20
ふたば祭
21

22

23 24 25 26 27教科書販売
最終日
28

29

2 新入生ガイダンス
3  
4  
5 入学式
6 新入生全学共通・学部教科書販売日
7  
8  
9 新入生語学教科書販売日
10 前期授業開始日
11  
12  
13  
14  
15  
16  
17  
18  
19  
20 ふたば祭
21  
22  
23  
24  
25  
26  
27 教科書販売最終日
29  
29  


教科書特設販売期間

特設会場
本館地区1号館講堂(入口は後ろにあります)
販売期間
4/6(金)~4/27(金)
※土日祝、4/20は除く10:00~18:00

期間中のみ、教科書特設販売価格(10%OFF)で教科書を購入できます。(生協組合員証をご提示ください)

教科書購入までの流れ

3月下旬
教科書リストのチェック

「教科書リスト」は入学手続日(推薦:1/18・2/13、前期:3/14、後期:3/27)にご記入していただいたご住所に発送いたします。

↓

4/2(月)
新入生ガイダンス

Web 履修の仕方を案内してもらいましょう。

↓

4/6(金)
新入生全学共通(総合・基礎教育科目)・学部教科書販売日

全学共通(総合・基礎教育科目)と学部の教科書販売日の教科書はこの日に購入しましょう。

※組合証をまだ発行されていない方は、生協加入の払込控えを提示していただくと生協組合員価格で購入いただけます。

↓

4/9(月)
新入生語学(英語・新修外国語)教科書販売日

英語のクラスは4/6(金)に発表されます。クラスによって使う教科書は異なり、教科書が必要となりますので、この日に必ず購入しましょう。
また、間違えて購入しないために、事前にご自宅で「教科書購入申込書」の記入をお願いします。

※4/10 (火)より授業が開始します。上回生もこの日から購入に来るため混雑が予想されます。履修が確定されている講義の教科書はこの日までに購入しましょう。

↓

4/10(火)〜 4/27(金)
教科書は教科書販売期間中に必ず購入しましょう

総合教育科目など一部の講義は抽選になる講義もあります。講義が確定するまで保留し確定してから購入する様お願いします。教科書販売会場の営業時間は10時からです。1限目の講義に必要な教科書は前日までに購入しましょう。

商品申込みフォームはコチラ

教科書リストの見方

  • 教科書No
  • 購入する「教科書No]を「教科書購入申込書」に記入します。「-」の後ろは枝番となります。「-」の前が同じNoであれば、同一の教科書です。
  • 教参
  • 「教科書」と「参考書」と2種類あります。講義によって違いますが、「参考書」とは副教材であり、自宅学習や講義をより深く理解するためのものです。
  • 書名
  • 教科書の名前です。購入する「書名」を教科書購入申込書に記入します。
  • 本体価格
  • 教科書の値段です。表示金額は税抜き価格ですので、ご注意をお願いします。

教科書リスト

ページトップへ